Q 始めてみたいけどやったことがないので不安

ご心配はいりません!今モーターパラグライダーをやっている人の中にはあなたと同じように考えていた人もたくさんいますが、みなさん安全にフライトを楽しんでいます。

始める以前に飛んだことのある人(飛行機は別にして)なんていないはずです。

ですからうまくできるかどうか不安な人の方があたりまえでしょう。

しかし、心配はいりません。モーターパラグライダーは特別なスポーツではないのです。

モーターパラグライダーを始めようと思ったら、お近くのスクールに電話で問い合わせてみるのが一番良いでしょう。

たいていのスクールには一日体験コースが設定してありますから、ためしに受講してみて、続けられそうであればコースに入ることをお勧めします。

JPMA公認のインストラクターであれば、一人一人にあわせて安全にプログラムを進めてくれるはずです。

Q 年齢が高いので心配

モーターパラグラーダーを楽しんでいる方は、比較的年齢層が高く、特に定年後の趣味として始められた方が多いです。

確かに若くて体力がある人の方がいっぱい練習できますから、早くうまくなれるかもしれませんが、早く上達する必要はありません。

自分の体力にあわせてゆっくりプログラムを進めていくことが、安全にこのスポーツを楽しむコツといえます。

スカイエンジェルでは、高校生から80歳近い方まで、ご自分のペースで楽しんでいます。

Q 高所恐怖症でも大丈夫?

多くの人は高所恐怖症です。

平気で空を飛んでいるフライヤーでも、何も持たずに高い所に行けば足がすくみます。

でも、自分に翼が付けば別人のようになってしまいます。

ある程度の高さの空の上では、あまり怖さを感じないのかもしれません。 

日常生活に支障がない人でしたら、問題なく飛べるようになるでしょう。

Q 体験コースではどのくらい飛べるの?

インストラクターとのタンデムフライトは、条件によりますが、上空100m前後を10〜20分くらい体験していただきます。

その日の風の良い時に飛びますので、朝すぐに飛べることもあれば、夕方にやっと飛べることもあります。

また、その他に、地上でのグライダーのコントロール練習も体験できます。

Q どのくらい練習すれば飛べるようになるの?

スカイエンジェルでは、最初の3〜5日くらい、インストラクターとのタンデムで操作を覚えてもらい、その後無線誘導でソロフライトをしてもらいます。

人によって個人差がありますので、一概には言えませんが、週1回くらいで3か月から半年くらいでしょうか。

Q 飛行時間はどれくらい?

平均的な飛行時間は、5リットルの燃料で1時間くらいですが、上昇風を利用すれば、効率が良くなり、もっと長く飛べます。

Q 女性でも持てますか?

1番重いのは、エンジンユニットですが、18kg〜30kg位と、幅がありますので、軽いものを選べば大丈夫です。

重量がかかるのは、離発着の時だけで、飛んでいるときには重さを感じることはありません。

Q 機材を揃えるにはどれくらいかかるの?

エンジンユニットが80〜90万円、パラグライダーが35〜40万円、緊急用パラシュート、ヘルメット、フロートなどで150万円前後です。

1度揃えてしまえば、後はガソリン代くらいです。

機材の買い替えなどで、中古がある事もありますので、ご相談ください。

Q どこでも飛べるの?

日本の航空法では、航空機の範疇として扱われていませんが、手軽さゆえに、モラルやマナーを守ることが必要です。

航空法や航空管制の知識を身につけ、自覚と責任を持ったフライトを心がけましょう。

スクールでは、安全講習会なども開いて、注意を呼びかけています。

Q メンバーシップ登録って何?

フライヤーは、日本パラモーター協会が実施している『メンバーシップ登録』をしなければなりません。

登録されると会員証及び機体登録ステッカーJPMAロゴシールが本人宛に送付されます。

同時に自動的にスポーツ安全保険に加入し、万一の場合に備えるためのもので、費用は年間8000円、3年間一括で15000円です。

未登録者は技能検定を受けられず、また公式競技にも参加できないので、スクールを卒業して個人で飛ぶようになった後にも毎年更新しましょう。

Q 卒業後はどうなるの?

スカイエンジェルのコースは、クラス1取得で卒業になりますが、スクール卒業生により運営されるクラブがあります。

クラブに入会し、フライトを楽しみながらクラスⅡを目指しましょう。

もちろん、継続的にスクールの指導が受けられます。 

定期的な大会や、レクリェーションの企画など、その活動は、フライトだけにはとどまりません。あなたも仲間とアウトドアライフを満喫して下さい。


Q&Aの最終更新日 : 2015-12-16